Suzuki Blog Written by Yuki Suzuki

基本情報技術者試験の午後対策【3種類】

基本情報技術者試験

悩んでいる人「基本情報技術者試験の午後試験の勉強を始めたんだけど、難しすぎて心が折れそう。どういう心構えで進めればいいんだろう?あと、勉強方法も知りたいな。」

こんにちは!スズキです。

今回は基本情報技術者試験の午後試験の勉強方法について書いていきます。

午前試験と比べて、午後試験は格段に難しいですよね。

この記事では、難しすぎる午後試験にどういった心構えで取り組めばいいのか、どういった勉強方法で取り組めばいいのか、について書いていきます。

IT初心者の方を想定して書いていきます。

この記事の内容

  • 午後試験対策の心構え
  • 勉強方法①「ひたすら過去問」
  • 勉強方法②「先輩に質問」
  • 勉強方法③「動画学習」

スポンサードサーチ

午後試験対策の心構え

まず、午後試験対策での心構えについてです。

初心者にとって、午後試験って本当に難しいですよね。

私も勉強を始めて頃は、難しすぎて何がわからないかがわからない、という状態で毎日落ち込んでいました。

ですが、難しい問題を見るたびに落ち込んでいたら勉強が進みません。

なので、勉強方法を調べる前に、心構えを知ることが重要だと思います。

初心者の方が、午後試験対策で持つべき心構えは

「わからなくても当たり前」

というものです。

少し考えて、わからなかったら、落ち込む前にさっさと解説を読んじゃいましょう。

初心者はわからなくて当たり前です。

落ち込む時間があったら、一つでも多くの解説を読んで知識を増やしていけばOKです。

それを繰り返していけば、気づいた時には合格レベルに成長しているはずです。

以降では、3つの勉強方法を紹介しています。

どれを選んでもOKですが、

「わからなくても当たり前」

という心構えで勉強を進めてほしいです。

勉強方法①「ひたすら過去問」

いきなりベタな方法ですが、これがベストだと思います。

基本的に午前も午後も、過去問を繰り返すことが重要です。

過去問の取り組み方として、問題を解きっぱなしにせず、解説をじっくりと読んでみましょう。

解説ページには、その問題の解き方だけでなく、関連する用語や公式も記載されています。

つまり、読むだけで知識が増えていくのです。

問題を解くのと同じくらい、解説を読む時間を確保してみましょう。

過去問は1冊あれば充分です。暗記してしまうつもりで何回も取り組みましょう。

スポンサードサーチ

学習方法②「先輩に聞く」

過去問に取り組んでいれば合格は充分できると思います。

ただ、すでにIT企業で働いていて、周りに詳しい先輩がいる場合は積極的に質問してみましょう。

やはり、わかっている人に解説してもらうと理解度が増します。

私も勉強していた頃、週に1回のペースで先輩に勉強会を開いてもらいました。

私が全くわからなかった表計算の問題をその場で解き、解説書以上にわかりやすく解説していただきました。

やはり、1人で取り組むよりもわかりやすく、かつスピーディに学べます。

また、先輩に協力してもらうことで、「絶対に合格しなければ」というモチベーションアップにもつながるのでオススメです。

質問する際には、「何がわからないのか」「どこまで理解しているのか」をできるだけはっきりさせましょう。

その方が先輩も答えやすいですし、明確な解説が得られます。

学習方法③「動画学習」

周りに先輩や詳しい人がいない場合もあると思います。

その場合は動画学習も1つの手だと思います。

「勉強」というと、教科書を読み、ノートを取る、というイメージの人も多いと思います。

しかし、勉強方法はそれだけではありません。

むしろ、教科書よりも動画の方がわかりやすかったりします。

例えば、私は現在オンラインスクールでプログラミングを動画学習しているのですが、正直、参考書を読むよりもわかりやすいです。

過去問だけでは不安、でも周りに質問できる人がいない、という場合h動画学習も検討してみましょう。

例えばこちら。

スタディング公式サイト

こちらは動画で基本情報技術者試験対策ができるオンラインサービスです。

スマホやPC、タブレットを使用し、よく出題される重要なポイントを専任講師が厳選してくれます。

また、インプット学習だけでなく、一問一答形式の問題集や、オリジナルの問題集を使ったアウトプット学習もでき、短時間での合格を目指せます。

過去問だけでは不安、もしくはできるだけ早く合格したい、という方はこのような動画学習も検討してみましょう。

まとめ

  • 「わからなくて当たり前」という心構えで勉強を進める
  • 過去問対策を充分行えば、合格できる
  • 余裕がある人は、先輩に質問したり、動画学習にも取り組む

いかがでしたでしょうか。

今回は3つの午後試験対策を紹介しました。

自分にあった勉強方法を選んでください。

そして、「わからなくて当たり前」という心構えで取り組みましょう。

以上です。

動画で基本情報技術者試験対策をするならこちら

スタディング

コーディングを学ぶならデイトラ

Web制作コース

動画でプログラミングを学ぶなら

Udemy

オンラインスクールでプログラミングを学ぶなら

Skill Hacks