【PC・防水アイテムなど】2018年9月の買って良かった物ベスト3を紹介いたします!

私にとって、2018年9月はなかなかの出費の1ヶ月になりました(汗)

 

でも、1つ1つが長く使っていけたり、今の私のやりたい事にバッチリ当てはまるアイテムばかりです!

 

この良きアイテム&便利なアイテムを皆様へ共有できたらと思い、ブログにて紹介していきたいと思います。

 

私のブログのコンセプトに合わせた(旅に出た事を基本にして)それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

1.MacBookPro15インチ

 

Apple MacBook Pro Touch Bar 512GB SSD 15インチ Retina Displayモデル Core i7 2.7GHz アップル MLH42J/A スペースグレイ MLH42JA

▲上記の画像をクリックすると、amazonさんの商品紹介や購入前のページ等へジャンプするのですが、このスペックは私の購入したPCよりも高いのに値段は安い・・・。

 

まあまあ、自己投資なのでちょっとの差額は気にしてられませんよね!

 

MacBookPro15インチのメリットはやはり価格相当のスペックの高さ。

 

私は旅に出たら必ずGoProHERO6で移動中や目的地の撮影をしており、帰ってきたらYouTubeのショート動画用に編集してアップしております。

 

この編集作業に以前利用していたMacBook12インチだとCPUパワーが足りなすぎて編集にエフェクト効果など入れていくと固まってしまうレベルでした。

 

しかし、このMacBookPro15インチにしてからはパワーが有り余っているほどのレベルまで上昇。おかげで動画編集の作業に一点も悩みはありません。

 

秋葉原の電気街の店員さんにどのくらいのパワーのPCに買い換えれば良いか?と何度も何度も聞いて、CPUがCorei5以上でメモリが8GB以上がオススメですと言われました。

 

MacBookProで考えると13インチのスペック良いタイプでも良かったのですが、ギリギリのスペックを購入してすぐに限界が来ても嫌だったので10万円高くても倍の年数を使える方がお得だと思い、おもいきって購入した結果、良い方向に流れたわけです。

 

そんなMacBookPro15インチにもデメリットがありまして、こうして文を入力しているとアイコンがグルグルと「考え中」になる事が多々ございました。

 

今はその現象の回数が少なくなって来てますが、原因はなんなのか追求してます。

 

 

2.コロンビア マウンテンパーカー

 

(コロンビア) Columbia PFG Storm Jacket/ストームジャケット/メンズソフトシェルパーカー/マウンテンパーカー/アウトドアジャケット/ウインドブレーカージャケット/男性用 防水アウター FM2021 010 BLACK S

▲このマウンテンパーカー 、写真と私の購入したタイプは異なりますが、私がオススメしたいのは、間違いの無い防水機能性。

 

旅に出る時はバイクが多いため(車を所持していないのでバイク移動が多い)、突然のゲリラ豪雨に遭遇することも時にはあります。

 

今まで通常の雨具を着ていたのですが、バイクで走行していると雨粒の当たり方が激しいせいか、水圧に耐えられなくどんどん中に染み込んできて、結果、私服も濡れた状態ということが続きました。

 

そこで、これから秋になり気温も下がってくるため、暖を含めた防水機能に優れたマウンテンパーカーの導入を考えました。

 

2018/9/30に千葉県で台風24号の勢力を受けまして、その時のバケツをひっくり返したような雨に遭遇し、その中15分くらい本業で表の旗などの撤去の作業をしていたのですが、コロンビアで中のワイシャツが守られました。

 

下は何も履いてないのですぶ濡れでしたが(笑)

 

私の購入したマウンテンパーカーは約3万円と決して安くない買い物ですが、こちらも長く利用する事を考えると6000円くらいで購入出来るけど一年で取り替えるものよりも買い物回数が少なくなり自分の時間を確保出来るし、5年利用したら一緒の価格を出していると変わらない例えです。

 

買い物の時間はなるべく減らして、こうしたブログ作成や旅の時間にどんどん回して生産性を上げていけるので良い「自己投資」だなと思いました。

 

3.防水リュック(HARD BONE 14L)

 

▲旅には欠かせないと言っても過言では無いのでは?という、以外にもとても役に立つ防水タイプのリュック。

 

バイクでは突然のゲリラ豪雨が来たら撥水性のあるリュックだったとしても染み込んでいき、その染み込んだ重さがさらに疲労に繋がる理由の1つとして加算されます。

 

写真のように、撥水性が高い生地を採用しているので、突然のゲリラ豪雨が来ても浸透することはありませんでした。

 

ちなみに、私も写真のような生地に水をかけてみたのですが、これ撥水性のある生地なの?というほど弾く生地でもはや防水とうたっても良いのでは!?と思ってしまうほどです。

 

しかし、あくまでも撥水性の高い生地という事と、ファスナー部分に防水性が無いため、念のため中の濡れたくない荷物は袋などで巻いておく事をオススメします。

 

まとめ

こうして、旅のあらゆる角度で必要なアイテムを2018年9月に購入してきました。

 

旅をより楽しむための「ツール」のようなものなので、購入して満足せず、これからこのアイテムがある事で今まで出来なかった事にどんどん挑戦して新しい事をやれるようにしていきます!