【シェア・レンタルのメリット】「物を所有する」ということは必ずリスクが伴います。

シェア・レンタルのメリットが最近、かなり良くなっています。毎日使う物は購入した方が安い事もありますが、たまにしか使わない物はレンタル・シェアした方が断然お得です。

 

その理由を説明しましょう。

 

タイトルにもある通り、「物を所有する」ということはリスクが伴います。

 

分かりやすく2つの例で例えてみましょう。

 

 

1.高額のドローンを購入した時

 

4Kの綺麗な空からの映像を撮影したいからという事で10万円代のドローンを購入したとします。

 

高額なドローンは機体が1kg近くある事もあるので、万が一急な故障等で機体が直下した際、そこに人がいたら大惨事ですよね。それに、安全だと思った場所で使って何らかの理由で紛失したりしたら・・・あー、怖い。。。

 

万が一の人身事故などに備えるために、損害賠償保険料年間12000円〜34400円などの保険が紹介されていたりします。

 

もう、この時点でリスクですよね?10万以上の良いスペックのドローンを自分を守る為に保険も入って・・・と考えるとランニングコストは保険料にも発生しますし、物なので当然いつかはメンテナンスをする時がきます。そのメンテナンス料も付いて来るわけです。

 

本体を買い切りだけでは済まないんですよねー。

 

 

2.車を購入した時

車って、すごく便利なんですよ。雨の日関係なく濡れずに複数人で同じ場所に向かえる。こんな便利な道具は持つべきだ!と思います。

 

でも、私個人的意見としては車は絶対に所有しません。

 

車の年間の維持費は使い方により様々ですが、平均40万円前後だと言われているようです。(他のブログの皆様の内容を見た結果です)

 

1年で40万円発生すると言うことは、10年間で400万円、20年間で800万円発生します。

 

しかも、この金額には車両本体価格や消耗品以外のメンテナンス料金は入っていないので車を買い替える料金を5年に一度で計算したとして、200万円の車を購入したら10年間で800万円以上、20年間で1600万円以上掛かることになります。

 

こんなに消費するのなら、便利といえリスクが高いですよね。

 

「将来の年金が貰えない、どうなっているんだ日本は!」って車を持っている人が発言をしていたとしたら車持たないで将来の貯金に回したら良いのでは?と思います。

 

ここでオススメなのが、「レンタル・シェア」サービスです。

 

では、そのくらいお得なのか私なりに調べてみました。

 

1.ドローンをレンタルした時


▲例えば、こちらの「ReReレンタル」さんで紹介しますと・・・

 

▲3泊4日で14880円でレンタル可能!本体価格13.5万円の4K映像で撮影出来るドローンが約1.5万でメンテナンスが常にバッチリされた状態で使用できるのです。

 

もちろん、4KドローンをYouTubeに投稿して収益を得ているということであればレンタルえは無く購入した方が良いですが、ドローンを飛ばして撮影と言うのは通常では毎日出来ることでは無いと予測出来ます。

(人通りの多い場所では使えませんからね)

 

年間で5回利用したとしたら、本体料金まで約2年分レンタルしないと達成しません。

 

しかも、万が一の時のことを考えたらリスクも低く出来ます!

 

▲まさかの1日当たり400円でドローンは保険に加入出来ます!

 

▲保証の内容の範囲内であればこれだけの低額の料金で収まります。(紛失や人身事故は対象では無いので失くさないような場所や人の少ないところでドローンは利用しましょう!)

 

2.車をシェアサービスやレンタルで利用した時



▲参考にスカイチケットさんで料金を見てみます。

 

▲ちょうど、8月5日〜7日まで出かける予定があったのでそこの時間帯でNOC保険も付けると・・・。

 

▲2泊3日で20496円+ガソリンが満タン5回約20000円=40496円で収まります。

 

私は年間でレンタカーのサービスを多くても4回くらいしか利用しないので、例えば上記の価格を4回利用したとしても約16.2万くらいで年間収まる計算。

 

もし、40万円の所持した時のランニングコストが掛かる乗り方をした維持をすると、23.8万円もお金を節約出来ます。

 

 

これをシェアサービスにするとどうなるのかも調べてみました。

 

▲参考にさせてもらったのが、皆様よく目にすると思います、「タイムズカー」のシェアサービス。

 

最初の初期投資として、個人利用でのカード発行料の場合、1550円/1枚は発生します。

 

▲月額料金ですが、個人・家族は1030円/月です。この1030円は繰り越しは出来ませんがシェアサービス利用金額に当てる事が可能です。

 

なんと、学生の場合は「無料」!学生にはオイシイ話ですね!

 

 

▲シェアサービスの良い点は短時間料金というものがあり、ガソリン込みで206円/15分〜借りることも出来ます。

 

週末の1週間分の食材を買いに行くなどの時に2時間くらい利用したとしたら、

206円 x 8=1648円

 

▲これにTCP安心保証サービスを加えても

 

1648円+309円=1957円!

 

これを月に4回利用したとして、

 

1957円 x 4 =7828円!!

 

▲もちろん、パックで長時間レンタルも可能です。車内にある専用の給油カードで給油するだけに、12時間パック以上は1kmごとに16円が発生するようです。

 

200kmの旅に出たとすると、

 

200km x 16円=3200円の距離料金。

 

これをリッター10kmの車で2018/7/26現在の私の近隣のレギュラーガソリン142円/リッターで考えると、

 

200km➗10km x 142円=2840円の料金。

 

 

ちょっと高めな料金設定ですかね。レンタカーとカーシェアはお互いのメリットを使い合えば良いというところでしょうか。

 

カーシェアは予約が便利!

 

急に車を使う用事が出来た!となったら空車があれば利用直前までに予約すればOK。

 

予約前の変更・取り消しに関しても1分前まで出来ます!つまり、急に利用しなくなっても1分前までに手続きすればキャンセル料も発生しないという事ですね!!

 

 

この低価格でもちろん、ちゃんと常にメンテナンスされた車両をこれだけ便利に利用できる時代になったのです!

 

まとめ

 

環境により、所有している方がお得な時もありますが、たまにしか利用しない「物」というのは実はレンタルした方が年間の費用を考えるととてつもなく安く抑える事が出来、なお常にバッチリなコンデション、保証も低価格で加入を選べる。

 

このメリットを利用する事で、自分の「資産」の使い方をもっと幅広く利用する事も出来るのではないでしょうか。