人・お金・物のバランスを考えて行動する事を身に付けるためにも最近の買い物は意識しております。

私、貯金して物を買うという事を一生懸命にしてきました。

 

家庭の事情で大幅に貯金が出来ず、なかなか環境が整わない状況が続いたりもしました。

 

正直、自分のせいじゃない事だってあるのですが、でも私生活も仕事と同様、目の前の出来事は全て自分のせいなのです。

 

自分の身に目の前で起こる現象っていうのは自分にも理由があるから起こる事。人とすれ違う事だって、その人と同じ場所に自分も向かったからです。

 

このように、目の前の出来事は自分が関わっているからという考え方に変わってからタイトルにあるような、

 

「人・お金・物」

 

というバランスを自分なりに意識するようになりました。

 

この、「人・お金・物」というフレーズは大分前から聞いた事はありましたが、あまり自分の中でこの言葉の意味に気づいていなく、それまでは

 

「人件費、貯金、断捨離」

 

みたいな考え方をしていました。

 

 

ところが、そんな事を言うと恥ずかしいくらいに違ってました。

 

人・お金・物という今の考え方は大きく変わりました。そして、考え方が変わってからは自分の行動や考え方も今までとは違う角度からの考え方になりました。

 

まずは「人」。これは今の本業から教わりましたが、この「人」という部分は「人の力って大きいのだ」という事です。

 

ワンオペで業務をする事が多い私は1つ1つの作業に些細な事でも凄く時間を取られます。理由は簡単、全て「一人でやるしかないから」。

 

この一人の力って、速さを極めて極めてって試行錯誤を繰り返す事はやめないのでうすが、やっぱり平行に仕事が動く事はとてつもなく速い。

 

この辺りのことは3年くらい考えてやって気づけたかもしれません。

 

今までは人に協力してもらうという考え方に対して、

 

・人にとにかく業務をやってもらう

・やってもらったのは良いが自分はどうしよう、あっ、この仕事やるか

 

みたいな流れでした。

 

しかし、今の人に対しての考え方は

・自分でなくても出来る仕事をやってもらう

・大体やってもらっている業務の時間はこのくらい使うだろうからその時に次にやってもらう事を先に確認しておく

・その業務を任せて空いた自分の時間で期日関係無く課題として出された業務をサクッと終わらせる

 

というような流れになってきました。

 

どんな小さな事、例えば紙を決まった形に切る事だってやってもらう事でその5分手前から違う仕事を進められる。

 

この流れが当たり前になってきました。人って、常に考える事が大事というのもこの辺りのことに気づくと同時に感じました。

 

 

次に「お金」の面。

 

お金は、とにかく「無駄遣いしない、欲しい物があるのなら貯金して努力して買う」という考え方でした。

 

確かに「無駄遣いしない」ということは今でもそう思いますが、「無駄遣い」っていう言葉が大分抽象的だと今は感じるのです。

 

無駄遣いって、人によって違う点。例えば、お菓子をついついいつもの買い物で買ってしまうとか、安い家電を何と無く買ってしまうとか。そういう分類なのかと思います。

 

でも、必ずしもそうとは言えないのです。

 

私はイヤホンを購入する時に良いものは買いません。

 

理由として、移動中に良い音質で聴いても音楽を聴くと同時に歩いたり電車に乗るなら定期をかざしたり。

 

そんな同時行動している時に音質なんてこだわる意味を感じないからです。

 

ここも人によって考え方が違うと思います。

 

私はイヤホンを購入する時は1000円しないコード付きのイヤホンを購入します。

 

その代わり、自宅では良い音質で座ってゆっくり音楽を聴きたいのでBOSEのスピーカーに投資しました。

 

つまり、お金の使い方っていうのは全てを「貯金・無駄遣い」に意識を傾けるのではなく自分のライフスタイルに対しての「投資」に使うものなのです。

 

 

つい先日、私はMacBook12インチからMacBookPro15インチを購入しました。MacBook12インチを購入してから考えるとたった2年で14万円したPCから27万円もする高額なPCに買い変えたのです。

 

最初から良いもの買えばいいやん!!って話なのですが、段階踏んだ理由は簡単な事。

 

MacBook12インチを購入する時の私は動画編集をしたいと思わなかったから。

 

その当時は自分用のPCを購入したい、ブログ・スマホのアプリを作りたいという気持ちでMacBook12インチの購入はスペック的にも余裕のため正解でした。

 

しかし、月日が経過するごとにアクションカメラというものに出会い、GoProを購入して動画編集をして旅の思い出やその場所の良かったところを皆さんにシェアしていきたいと思った今の私にはパワー不足すぎて編集作業自体に時間がとても掛かってしまう。

 

その時間の短縮や最低限のやりたいことの環境を整えて今まで以上に公開スピードを上げていきたいと思ったため、ここで「お金」の力を借りました。

 

動画編集のスピードはPCのパワーが必要で「人」には頼めないことなのでお金で自分の人生のやりたいことのスピードをアップさせたわけです。

 

これが「浪費」にならないよう、ガンガン使いこなしていくという気持ちがあるから「自己投資」という、一番良い使い方が出来ているわけです。

 

 

 

最後に「物」。お金で投資した「物」という力もとても前進するためには便利なものです。

 

例えば、ルンバのロボットクリーナーを購入した時など、今まで掃除をかける時間を設けていたのですが、ルンバを導入してからはルンバが掃除出来ない場所だけを集中して行えば済むので、その分の時間が短縮されるわけです。

 

洗濯機を回しながら、ご飯を炊きながら掃除をかけている間に買い物しに行って・・・といくらでも掛け算出来る手段を考えられます。

 

こうして、。自分の時間を捻出していくわけです。

 

 

まとめ

 

貯金と投資の「バランス」を考えることで自分の目標への近道を考えられる可能性が広がるという事をお伝えしたい内容でした。

 

お金は「信用」。信用されてお金をもらっているのだからこそ、それ以上の信用を得られるための自己投資は欠かせません。