先日アップした「名古屋への道のり」ですが、バイクで日帰りしてみましたので報告いたします!

先日アップした記事はコチラ → http://zukkiblog.com/2018/06/24

 

会社の休みを一日利用して早朝から行ってきました!天気もバッチリ晴れ予報!

 

人生初の「名古屋」です!!

 

1.今回の日帰り旅行の手段や距離・価格について

 

・交通手段 → 250ccのバイクで二人乗り

・走行距離合計 → 約800km

・総時間 → 3時間現地を楽しむ時間を含め、約23時間

・旅行費 → 約2.2万円

 

 

 

では、ルートの詳細を見て行きましょう!

 

・自宅 → MAYパーク名駅北バイク駐輪場まで

 

現地のバイク置き場までに掛かった移動時間は、なんと11時間!!

 

要因としては、バイクの二人乗りの長距離走行は思った以上に「疲れ」が出ます。

 

一番対策を取らないとというポイントとして、「後部座席」です。

 

後部座席は運転席よりもお尻が痛くなり、痛みを耐えながら次のSA・PAでの休憩までの距離を我慢しているとそれだけで激しく疲れます。

 

そのため、走行30〜60分間で区切って休憩をはさんでいたので結果、高速を使ってもこれだけの時間が発生しました。

 

※そのため、後部座席にはクッションを追加で装着した方が絶対良いです!

▲バイク用のクッションは値段が少々高めですが、あるのと無いのでは

「ポテりこ」というものがメニューにあったので、サラダ味を注文。ちなみに、チーズ味を含め2種ありました。

 

食べてみた感想として、その名の通り皆様が知っているじゃがりこのスティックのカリカリ感ではなく、ポテトのように柔らかい食感で食べられるようになっています。

 

バターの味がスナックよりも濃厚に伝わってくるので、もう少し香ばしさが欲しいという希望のある人にはオススメな仕上げです。

 

海老名SAでは「ポテりこ」のサラダ味は人気No.1のようです。

 

この「ポテりこ」の詳細はコチラのカルビー公式HPへのジャンプボタンを押してしてみて下さい!

 

2.足柄SAをペヤングがジャック!(2018/7/1までの期間限定イベント)

SAの建物内に入ってすぐに待ち構えていたのが、この「ペヤングタワー」。

 

コチラのタワー、高さは6mあるそうです。6mも積むペヤングって凄いですよね(笑)凄くインパクトがあって、商品の展開方法として勉強になりました!

 

さらに中へ行くと、ペヤングを売店で買って食べながら足湯を楽しめるコーナーもありました。

 

ペヤングと足湯が大好きすぎる!!そんな貴方に足柄SA(下り)がオススメです!!

 

▲SAの外にはこの部屋の中に入るとペヤングの香りがするという小部屋。「衣類に匂いがつく場合があります」という注意書きがありましたが、ついているくらいがペヤングらしいですよね(?)

 

詳細は、コチラのペヤング方式HPへのジャンプポタンをクリック!

 

 

3.駿河湾沼津SAは駿河湾を一面で観れる場所がありました

建物内の休憩スペースを抜けるとこの駿河湾とその近辺の街を一面で見渡せる場所がありました。私が行った日は若干霧が掛かっていたため、駿河湾が見えにくくなってしまいましたが、それでも景色はとても良かったです。

 

 

4.新東名高速にある清水SAは自然に満ち溢れてました

▲写真だと迫力が分かりにくいですが、SAからドドーンと山の景色がこんなにも見えるのはなかなか無いのでは!?清水SAは山に囲まれているようです。

 

レンタルバイクのお店もあり、400ccのバイクで晴れの日に東名高速を走ったらまた違った気持ちよさがありそうです!

 

 

そんなこんなでSA・PAを楽しんで11時間後・・・

 

 

名古屋駅の駐輪場に到着!!(写真取り忘れました・・・泣)

 

私が止めた駐輪場は、名古屋駅から徒歩7分くらいの場所にある、「MAYパーク名駅北バイク駐輪場」です。1時間100円、24時間で500円とリーズナブルな価格設定でした。

 

詳細はコチラをクリック!

 

2.現地到着 → 名古屋中央郵便局

JPタワー名古屋内の1Fにある名古屋中央郵便局。こちらの郵便局は名古屋駅近辺だからなのでしょうか、19時まで受付をしているという良心的な場所でした。

▲17時に到着した私たちでも風景印をもらうことが出来て、非常に満足です。

 

3.名古屋中央郵便局 → 大須観音商店街

大須観音商店街は名古屋の観光をされた方のブログを見てオススメになっていたので、行ってみることに。

 

名古屋駅から電車で10分くらいでいける、比較的に近い距離です。

▲大須観音駅の2番出口から徒歩5分くらいでお寺が出てきました。

 

 

▲なんとも立派な建物!参拝していこうと思ったのですが、すでにこの時の時間が19時頃だったので出来なかったです(泣)

 

▲お寺の隣には大須観音通りがすぐにあり、ここが大須観音商店街の始まりのようなイメージなのでしょうか。

 

中を通ると、確かに規模が大きく迷ってしまいそうなほど。

 

▲その規模は公式HPでもPDF形式のマップを載せているほど。

 

大須観音商店街の詳細が分かる公式HPはコチラをクリック!

 

もっと早く到着したかったーーー!

 

月曜日に訪れたせいか、お休みされているお店が多く、営業しているお店も19時過ぎくらいで閉店し始めていました。

 

名古屋の「食」を楽しみたかったので、再度名古屋駅に引き返しました。

4.大須観音商店街 → 名古屋駅

名古屋駅に戻った後は駐輪場近くにある名古屋の「食」を楽しめるお店を大須観音駅に行く前にチラッと目にしたので、そのお店に入ることに。

 

私が訪れたお店は「ここや 名古屋駅西口本店」です!何故、このお店を選んだのかと言いますと、「メニュー」です!!

 

▲名古屋のモツ煮は大阪のどて煮よりも濃厚な味付けがされており、また違った美味しさを楽しめます。

 

モツ煮を食べるという事はどうしても外せなかったのでこの一品を食べれた事は大満足です!

 

▲他にも串カツの味噌付けとか

 

▲手羽先唐揚げがビールと合うんです!!

(※運転手なので今回はノンアルコールビールで楽しんでおります)

 

▲上がエビフライ、左下がホルモンの塩、右が豚バラの串三昧!

 

▲真夏日の気温の中、名古屋に訪れたのでユッケで冷たく美味しく!!

 

これだけのメニューを楽しめたら嬉しいですよね!短い時間でしたが、名古屋の「食」を十分に楽しめました。

 

 5.名古屋→自宅

帰りも疲れが溜まりやすい状況だったため、21時から帰り始め自宅には朝の5時に到着。

 

バイクの人の話にはなりますが、夜の新東名高速は沢山のトラックと山の中を走るので夜中は気温が凄く下がります。そのため、日中とはまた違った状況で疲れ方も変わってきます。

 

多すぎるくらいの休憩を取る事をオススメいたします!

(1人乗りの場合は2人よりも疲れにくいので大丈夫かと思いますが)

 

まとめ

250ccバイクで2人乗りの名古屋への日帰りは「不可能」では無いということです!

 

今回の旅で学んだ事は、「人に出来ないことなんてほとんどない」。

 

そして、「夢中になる事は無意識に達成させようとする」事も実感出来たのかなと思います。

 

実際、名古屋に一人でバイクで行くならまだ良いとして、2人乗りで行くのは無理かなと静岡に観光をすることも考慮にしていたのですが、結果、できてしまいました。

 

行きたい場所が沢山あるという場合は勿論、ホテルで一泊したり新幹線で向かって現地でレンタカーを借りたりするのが良いですが、「単日の休み」が条件にあったので、3時間滞在の移動時間が20時間でしたが、事前に行きたいところも決めていたので9割くらい楽しめました。

 

今回、向かった事で次の名古屋への観光の時はこうしてみようという作戦の練り直しにより、また深く楽しめるきっかけにもなりますしね!

 

やっぱり、旅は色々な発見があって楽しいですね!